大人になるまで気が付かなかった覚え間違い

大人になるまで気が付かなかった覚え間違い

私は最近とんでもない覚え間違いをしていたことに気が付きました。
ある刑事ドラマを子どもと一緒に観ていた時に、事情聴取という言葉が出てきました。

 

そのドラマを観ながらあれこれ子どもと会話をしていたのですが、その時事情聴取という言葉を
漢字で書くとどうなるかの話になりました。
もちろん私はわかっていたつもりだったのですが、一応手元にあったパソコンを使ってその言葉を
打ってみると、いくら打っても事情聴取という言葉が出てきません。

 

その様子を横で見ていた子どもが「お母さん、間違えてるよ」と指摘してくれました。
何が間違えていたのかというと、ジジョウチョウシュという読みをずっと
ジジョウチョウシュウだと思っていたのです。
最後のウの字までパソコンで打っていたためいくらやっても
事情聴取という言葉が出てこなかったのです。

 

大人になるまでずっと読みの覚え間違いをしていたのだと思うと、
情けないやら恥ずかしいやらといった感じでしたが、
今までよく誰にも指摘されなかったものだと思うと不思議に思います。
ただ事情聴取なんていう言葉は、日常生活で口に出すことはまずないので、
たまたま今まで誰にも間違いを気付かれることなく大人になってしまったんだと思います。